フィンランド人の寒さ耐性を的確に(?)表したエスニックジョーク

シェアする

フィンランドといえば、寒い国というイメージをお持ちの方も多いはず。

じゃあどれくらい寒いのか、ということで、こんなエスニックジョークを「アルファルファモザイク」からご紹介したいと思います。

「気温が・・・℃の時、フィンランド人はどんなふうにふるまうか、そのとき他国では何が起きているか」

+15℃。
スペイン人は毛糸の帽子をかぶり、手袋とコートを着用。フィンランド人は日光浴をする。

+10℃。
フランス人は集中暖房をつけようとむなしい努力をする。フィンランド人は花壇に花を植える。

+5℃。
イタリアでは車のエンジンがかからなくなる。フィンランド人はオープンカーでドライブする。
  0℃。
蒸留水が凍る。フィンランドのヴァンターヨキ川の水は、ほんの少し凝固する。

-5℃。
カリフォルニアでは住民が凍死寸前。フィンランド人は庭で、夏の最後のソーセージをグリルする。

-10℃。
イギリスでは暖房を使い始める。フィンランド人はシャツを長袖にする。

-20℃。
オーストラリア人はマヨルカ島から逃げ出す。フィンランド人は夏至祭りをおしまいにする。秋の到来である。

-30℃。
ギリシャ人は寒さで死亡。フィンランド人は、洗濯物を屋内に干し始める。

-40℃。
パリは凍えてガチガチ音を立てる。フィンランド人は屋台に行列する。

-50℃。
シロクマが北極から退避しはじめる。フィンランド軍は、本格的な冬の到来までサバイバル技術の訓練を延期する。

-60℃。
コルヴァトゥントゥリが凍結。フィンランド人はビデオを借りて家の中で過ごすことにする。
(コルヴァトゥントゥリはフィンランド北部・ラップランドにある山でサンタクロースが住むとされる)

-70℃。
サンタクロースが南方へ引っ越す。フィンランド人は、コスケンコルヴァを屋外に保管しておけなくなり、いらいらする。フィンランド軍がサバイバルの訓練を開始。
(コスケンコルヴァはフィンランドの蒸留酒でアルコール度数が非常に高い。通常、飲む前にビンごと冷凍庫に入れて冷やす)

-183℃。
食品の微生物が死滅。フィンランドの牛は、乳しぼりに来る人間の手が冷たいと文句を言う。

-273℃。
絶対零度。あらゆる原子の運動が停止。フィンランド人は「くそっ、今日はずいぶん寒いじゃないか」と言い始める。

-300℃。
地獄が凍結。フィンランドがユーロヴィジョンで優勝する。

最後の「フィンランドがユーロヴィジョンで優勝する」という部分については、コメント欄に次のような解説がありました。

2006年のユーロヴィジョンはフィンランドのバンドLordiが優勝した。
「地獄が凍結する」は、キリスト教では基本的に「地獄は熱いところ」という認識なので、「絶対にありえない状況」を「Hell freezes over」だの「Cold day in hell」だの言ったりする。
Lordiにも「It Snows In Hell」という曲があるからそれもかかってるだろうね。

うーん、なるほど。

こういうジョークはその国について知っていればいるほど楽しめますよね。

他にも色々探してみようかな。


[気温が・・・℃の時、フィンランド人はどんなふうにふるまうか - アルファルファモザイク]

blogs.com人気記事

直近の記事

月別アーカイブ

お知らせ/フィード情報

携帯サイト

携帯サイト

スタッフ紹介